NEWS

Interview

和泉春歌先生インタビュー『異世界学園ではSEXが必修単位でした』

好評連載中の『異世界学園ではSEXが必修単位でした』は、
タイトルにもなっている「SEXが必修単位」という斬新な設定で大きな注目を集めています。
刺激の強い描写と少女漫画ならではの甘酸っぱいシーンを巧みに描き分ける作者・和泉春歌先生に、
デビューまでの道のりから作品へのこだわりまでお聴きしました!

――今回のインタビュアーは担当編集のTです。
まずはじめに、和泉さんの今までのご経歴を教えてください!
小学校からずっと少女漫画を読んで育ったので、漫画自体好きだったし絵を描くのも好きだったんです。
絵がうまい友達の影響で同人誌を知り、高校ぐらいから同人誌を描き始めました。
『ときめきメモリアル Girl’s Side』っていうゲームの同人誌をコミケで出したとき、お誘いを受けて。
「ティーンズラブ(TL)っていうエッチありの少女漫画を雑誌に描いてみませんか」って。
当時、TLがあまり知られてなくて、雑誌としてもそんなに出てない時代だったと思うんですけど。
そこで、初めて商業誌デビューさせていただきました。
――デビュー後はティーンズラブ作品を描かれていたそうですが、
本作は少女漫画ジャンルの作品ですよね。
活躍の場を移されたのにはなにかきっかけがあったのでしょうか?
「少女漫画をいつか描いてみたい」という夢があったんです。

元々、TLで描いていた雑誌が月刊から隔月発売になってしまった時に、
「漫画を描くのはやめようかな」と思ってたんですよ、実は。
「地元の好きなお菓子メーカーに就職しようかな」とかそういうことを考えてた頃だったんですけど、
「少女漫画というジャンルで描いてみませんか」ってお誘いをいただいて。
「ああ、夢がかなうのかもしれない」って思って、今ウェイブさんと仕事させていただいています。
――今後の方針について悩んでいたタイミングで、
元々描きたかった少女漫画のお誘いが弊社からあったんですね。ありがとうございます。
次は、和泉さんの漫画家としてのルーツについて教えてください。
影響を受けた作家さん、作品などはありますか?
惣領冬実(そうりょうふゆみ)先生の『MARS(マース)』に出てくるキャラクターからは、
影響を受けているというか頭の中にずっと残っていますね。
女の子......男の子もかな。

藍川さとる(あいかわさとる、現在のPNは古張乃莉/黒江ノリコ)先生もすごく好きでしたね。
先生のお描きになる曲線が柔らかいんですよ。
視線とか鼻筋とか口元に色気があって。
あとは「間」で読ませるとか、人間のえぐいところを描く先生なのでハッとする描写とかたくさんありますね。
自分では全然描けないですけど、かなり影響を受けています。
――なるほど…。和泉先生の作品もどことなく漂う色気みたいなものがあって素敵ですよね。
ちなみにセックスが必修単位の異世界という奇抜な設定ですが、描かれるうえで苦労や意識していることはありますか?
自分の地味な世界に戻らないように、「世界が違うんだ」ということは意識しなきゃいけないなって思っていますね。
ファンタジーのような世界ではないので、服装や街並みは現実と変わらない。
価値観が現実の世界と違うことを自分自身忘れそうになるんですけど、そこは忘れちゃいけないなって。

基本私は「飛びすぎていない」世界、誰でも感情移入しやすい漫画、
どこにでも転がってそうな「お茶漬け」的な話の方がいいなって思っていて、実際それを描いてきたんですけど。
ただ本作では「異世界のお茶漬け」じゃなきゃいけないので、「現実のお茶漬け」にならないように気を付けています。
――和泉さんご本人も、主人公の優花と同じくその奇抜な世界に迷い込んでいるということですね。
そうですね、本作の世界に行こうとして行けてないのか......。
ちょっとおかしいですけど、確かに優花と一緒にこの異世界に驚いている感じはあります。
「ああ、そうなんだ。それが普通なんだ」みたいな。
――「優花と一緒に驚いている」というのは面白いですね。
好きなエピソードや描いていて楽しかったシーンはございますでしょうか?
イチャイチャしているシーンを描くのは楽しいです、TLではエッチシーンを描くのも好きだったので。
「やっぱりTLに移行しませんか」とか言われないように、やりすぎになったら教えてください(笑)。

「現実だったら引かれちゃうよね」ってことでもみんながニコニコしていられるのは、不快感がなくていいなと思いますね。
友達がいる部屋でHしていても「ごめんね」と謝ることもないみたいな。
美奈ちゃんとか現実だったらちょっと尻軽な女の子だけど、作中では可愛く仕上がるので、気軽にそういうシーンが描けます。
――本作は普通の少女漫画とは一線を画す刺激的なシーンが魅力的で、
和泉さんのTL連載経験がしっかり活きていると感じます。
続いてはキャラクターについてお伺いします。特に好きなキャラクターは?
蒼井(蒼井雅弥・あおいまさや)ですね。私の好みです(笑)。

あとはなっちゃん(浅井夏樹・あさいなつき)も描きやすいですね。
最初は作り込む気もないモブキャラだったので、テスト返しのとき(1話冒頭の初登場シーン)は髪が黒かったかな(笑)
「モブキャラでも設定を作ってくださいね」と言われてキャラ設定を考えた後はこれといって苦労もせず勝手に動いてくれています。
――和泉さんはいわゆる「友達キャラ」をあまり登場させたことがないとのことでしたが、
なっちゃんは本当にのびのびと動いていますよね。
キャラクターを作画するうえでこだわりはございますか?
主要3人の女の子は、下品にならないように。
こういう世界観だとだらしなくなりそうなんですけど、
清潔感とかキリっとした感じとか、上品さを持たせたいなと思ってます。

男の子のうち蒼井は、変な色気が出まくらないようにしています。
根っこは真面目なタイプで「こうしたら優花がドキドキするんじゃないか」みたいな下心もそんなにないので、
流し目とか意味深な顔とかはあまりさせていなくて。
――蒼井くんは無邪気なようで影もあるようで、ミステリアスな魅力のあるキャラクターですよね。
ちなみに主人公の優花についてはいかがでしょうか?
優花は、優等生なんですけど優等生すぎず。
リア充タイプの子よりは「奥手な子」で、感情移入しやすいようなキャラクターにしたいと思って描いています。

自分もどちらかというと地味な属性にいるので、
そういう子たちが少しでも「この子好きだな」「ちょっと重なるかも」って思えて、
読んでドキドキしてくれたら嬉しいかなっていうのはありますね。
――今後、入れたいエピソードとかございますでしょうか?
×××(秘密)のエピソードを入れたいですけど、たぶんラストだし......(笑)。
蒼井のお母さんはちょっと出してみたいかな。
――キーになってきそうなキャラクターですよね。
蒼井の家庭は謎に包まれているけど、なんとなくお母さんの存在は作中で出てきていて。
これから描くところで詳細は見えてくる感じですね。
看護師って話を作中でしましたし。
――今後掘り下げられるのを楽しみにしています。
ところで、作品をつくる上で、「こうでなくてはいけない」「こうありたい」みたいなポリシーはありますでしょうか?
「ドキドキ」と「キュンキュン」、それと「ほわほわ」って感じは入れたいですね。
ドキュンって感じで「もう足も腰もとけてフラフラ」っていうドキドキよりは、
胸がキューってして、後からほんわりするようなお話の方が私は好きなので。
――時には作品作りに行き詰まる事もあると思いますが…、そんな時はどんな事をして過ごしていますか?
また、休日の過ごし方などもぜひ教えてください。
AmazonPrimeビデオで映画をガーって見るとか。
外に出て遊ぶのは仕事が終わってからにしているので、気分転換に。
――お気に入りの映画はなんでしょうか?
最近見つけたのは市原隼人さん主演の『おいしい給食』で、ハマってもう3~4回観ました(笑)。
気に入ると何回も繰り返して観るタイプなんですよ、新しい作品を発掘するというよりは。

モンスターパニックとかそういう作品を見ることも多いですね。
個人的にクリーチャーものの最高峰というべき『遊星からの物体X』はおすすめです。
この作品が撮影された当時はまだCGが普及してなくて。
特殊メイクが多用された映画ですね。
アナログ好きなので、「本当に手に取ってる」みたいな生々しさはやっぱりCGでは作れないなって。
――ありがとうございます(笑)。
それでは、最後に読者さんにメッセージをお願いいたします。
なかなか勇気が出ない優花ですが、これからもあたたかい目でのんびり見守っていただけると嬉しいです。

和泉春歌先生、ご自身の経歴から作品へのこだわりまで教えていただきありがとうございました。
独特の異世界で優花と蒼井の関係はどうなるのか、元の世界には戻れるのか、今後も目が離せません!

☆作品はこちら↓

00

☆インタビュー内容へのコメントやご感想は下記まで
comic_info@wwwave.jp