NEWS

Interview

綿瀬花先生インタビュー『セフレに恋してなぜ悪い』

「セフレからはじまる恋」という難しいテーマを描ききり、
多くの読者の心を掴んだ綿瀬花先生。
堂々の完結を迎えた「セフレに恋してなぜ悪い」や気になる次回作について、
門外不出の創作テクなど、いろいろ聞かせていただきました!!

――今回のインタビュアーは担当編集Mです。
『セフレに恋してなぜ悪い』が無事に完結を迎え、
現在新作ご執筆中の綿瀬花先生にインタビューさせていただきます。
まずはじめに、綿瀬先生のこれまでのご経歴を教えていただけますか?
大学院を卒業後、知人のつてでライターや映画館のアルバイトをやっていました。
その時期に友人からとあるマンガを薦められまして。その作品にどっぷりハマって、
これまで絵も描いたことなかったのに二次創作の深い穴に落ちていきました…。
深みに落ちたその足で、すぐにペンタブを買いに行っちゃいました(笑)。
――マンガを読んで楽しむだけでなく、すぐに自分も作る側に回ろうとしたわけですね。
その行動力はすごい…!
最初はブログを立ち上げて、そこに絵をアップするところからはじめました。
で、今度は絵を描きはじめて1年もしないうちに同人誌を作ろうと思い立ち、
細々とですが同人イベントに参加しはじめました。
そこでウェイブの編集さんに声をかけていただいて…。
――スカウトを受けたときはどう思いました?
プロのマンガ家になりたいなんて考えたことがなかったので、
「冗談かな?詐欺かな?」って思っちゃいました。
そこで夫に相談したら、「やってみたら?」と背中を押されて…。
よし、ちょっとやってみようかと。
――ちなみに、ご友人に薦められる以前にマンガにのめり込んだことはあったんですか?
小学生のときは『花とゆめ』を購読してたんですが、
中学生、高校生…と成長するにつれ読まなくなって。
今でもがっつり読むわけでないので、勉強させてもらいながら描いている感じです。
――これまでの話を聞いていると、綿瀬先生は人の薦めやアドバイスを
素直に受け入れる姿勢をお持ちなんだな…というのが印象的です。
そうですね、自分の良いところは人から「やってみれば?」って言われたときに
「よし、やってみようか」と頑張れるとこかなって思うんです。
その姿勢は大事にしているかもしれません。
――確かにその心はマンガ家さんにとって大事な能力かもしれませんね!
続きまして、『セフレに恋してなぜ悪い』ご執筆時のお話をお聞きできればと思います。
「セフレからはじまる恋」というテーマを聞かされたとき、どう思いましたか?
振り返ると、反省点しかない(笑)。
個人的な恋愛経験からはなかなか縁遠いテーマだったので…。
――連載開始時に担当編集と深く話しあった点などはありましたか?
キャラ設定を深掘りした記憶があります。
ヒーロー榛彦のキャラ案は、当初は大人しめのキャラだったんですが、
編集さんから「もっと男っぽい感じにしてください」とアドバイスを頂いて。
カフェ店長だった初期設定から、最終的に居酒屋の店長になりました。
――榛彦は話し方や仕草が良い意味であっさりしている印象なんですが、
そこは意識されたところでしょうか?
そうですね。恋のライバルである槇原くんとは対照的に描こうとは思っていました。
それと、ヒロインの葵と恋人関係にないのに一夜を共にする…という物語のはじまりではあったんですが、
あまりひどい奴にはしないようにしようと心がけてはいました。
――他にも描いていて思い入れ深いキャラは誰でしたか?
ライバルの槇原くんですね。
彼はストーリーが進むたびに描くのがだんだん面白くなってきたキャラです。
立ち位置的にどうしてもヒロインと結ばれない人物なんですが、
そういう人を描くのって興味深いなと。
――一方「ここはもっと描いてみたかった」というところはありますか?
『セフレに恋してなぜ悪い』の前の作品もそうなんですが、
男女が両思いになるところでストーリーが完結して、
その後どう進展していくかをまだ描けてないんですよ。
でも、相手の色々が見えてくるのは付きあいはじめてからじゃないですか?
そういった色々が見えたあとの「それでも好き」って展開をもっと描いてみたいです。
――それはぜひ読んでみたいです!
ちなみに『セフレに恋してなぜ悪い』を描いていて
印象に残っているシーンはどこでしょう?
全部大変ではあったんですけど…気に入っているのは、
葵が槇原くんと公園でデートの練習をするシーンです。
――榛彦とのシーンではないんですね!
そうなんです(笑)。
やっぱり私、メインキャラでは槇原くんが一番好きなんです。
このシーンでも、結局葵と榛彦の恋を励ましちゃう様子がけなげで…。
あと、パーティー帰りのフォーマルな格好を描けたのも嬉しかったです。
作者としても、葵は榛彦みたいな不器用な人と付き合うのは
大変じゃないかなって思ってました。
槇原君はコミュニケーション能力も高いし、
こっちになびいた方が良いんじゃないかな~って(笑)。
――そんな綿瀬先生の槇原くん愛が、この公園での名シーンを生み出したのかもしれないですね!
他方で、葵と榛彦のやり取りを描くときはどうでしたか?
榛彦の葵への好意を上手く伝えられない…という部分は、物語を作る上でずっと大変でした。
でも最終回でとうとう彼がデレを見せてくれるシーンは、描いていてとても楽しかったです。
槇原君に励まされたあと、やっと葵に甘えた姿を見せるところは、
「ようやく良い感じに収まってくれた」と感じました。
――そこも槇原君が背を押してくれたんですよね!
可愛そうに…(笑)。
でも、最終話はきちんと終われて良かったです。
――さてここからは少々作品から離れ、創作についてのお話ができればと思いますが、
綿瀬先生はズバリ、どうやってストーリーやキャラを作られているんですか?
私、ドラマや映画を観賞するときメモをしながら観ているんです。
例えばあるドラマでカップルがスーパーに行くシーンがあったとして、
このシーンが良いなと思ったら「カップルがスーパーに行く」ってメモして。
登場人物の人となりと照らし合わせながら
「この人たちならどこ行くかな、どういう会話するかな」というのをそこから膨らましたり…。
あとはどこかにお出かけしたときは、
「こういうところでドラマが展開するとしたら?」とか
考えたりして、それが良いなと思ったらまたメモに加えたりしています。
――それはすごくためになる方法ですね!
キャラもそういう作り方をされているんですか?
キャラづくりの最初のころに有名人の顔が頭に浮かぶこともあったりしますが、
原型が残ることはあまりないですね。
でも最初のとっかかりとして使うと、面白いことが起こることもあったりします。
――そうなんですね。映画やドラマが、作品に大きく影響を与えている感じなんでしょうか?
うーん、あまり大きくはないと思います。
ドラマを見るようになったのもここ2、3年のことですし…。
でもやっぱり、テレビでやってる恋愛ドラマってすごく面白いんですよ。
すごくキュンキュンするし、このあとどうなるんだろう?って引きもしっかりあって。
それを自分のマンガにも活かそうと考えるようにしています。
――なるほど、他媒体の良いところを取り込みつつ作品作りをされているわけなんですね。
ところで、オリジナル作品はウェイブの連載が完全にはじめてだったんですか?
そうなんです。
二次創作で好きなキャラをわちゃわちゃやるのが楽しかったので、
オリジナルの商業マンガを作ってみませんか?
というお誘いが、私にとってひとつの飛躍だったんです。
それをお受けしたことは、今考えても「よくやったな…」と思っています。
――飛躍をされてみて、いかがでしたか?
本当に面白いです!私の描いたものがいろんな作品と並んでいて、
それを読んでくださる方がいるっていうのが、今でも信じられないぐらいです。
でも、何話も続けて読んでくれる方がいるということは、本当に幸せなことだなと思います。
――先生からそんな言葉が聞けて、担当としても嬉しいかぎりです…!
さて、現在は新作の準備中ですが、どんな作品になりそうでしょうか?
そうですね、とにかくヒロインがいろんなキャラに影響を巻き起こす作品になればと思っています。
彼女を頑張って動かして、わしゃわしゃした作品にしていくつもりです。
――めちゃくちゃ楽しみにしております!
それでは最後に、読者さんへのメッセージを頂けますか?
なかなか自分の作品を客観的に見られないので、
読んでくださっている方がいるという事実にいつも信じられない喜びを感じています。
本当にありがとうございます!
私も今は、色んな人の力で私たちの読むマンガはできてるんだなぁと実感できて、感謝しています。
こんな私に作品を作らせていただいて、そして読んでいただいて、心から感謝しています!

綿瀬先生、ありがとうございました!
先生の感謝の心や人の意見を受ける姿勢が、
たくさんの読者さんを惹きつけるヒットに繋がっているのかなと感じています!
ぜひみなさま、新作もお楽しみに!

☆作品はこちら↓

00

☆インタビュー内容へのコメントやご感想は下記まで
comic_info@wwwave.jp